染色整理仕上機械など産業機械の設計・製造・販売
花山工業株式会社
福井県の染色整理加工量推移

2020年の染色整理加工量は、約4億㎡と前年比約21%減少。 
種類別にみると織物で約23%、ニットで約20%と共に大幅ダウンでした。
この10年間の推移をみると約5億㎡強で安定していたことから、減少要因は新型コロナの世界的感染拡大の影響と思われます。
1年間の推移(Fig2)を見ると、4月以降急速に影響が出始め6~8月には前年比約40%の大幅ダウンでしたが9月以降は回復傾向に。
この要因は中国や米国において自動車生産が急回復した事と言われています。このことは北陸産地において非衣料素材の生産が非常に浸透していることを表しています。その他直近ではマスクや医療介護用ガウンの生産等も始まっており一部では設備投資の動きもみられます。ただこのような回復傾向の兆しの中でも、もう新型コロナ発生以前の状態には戻らないだろうとの見方も多く、いかに新しい需要を取り込むかが今後の課題と考えます。

福井県の染色整理加工量推移

(引用:福井県生産動態統計)

福井県染色整理加工量の月別前年比(Fig2)

(引用:福井県生産動態統計)